負圧式の燃料コックですが、エアーブローはしないでください。

スクリーンを清掃する場合はガソリンで洗い流す程度で、
ブレーキ&パーツクリーナーは使用しないこと。

どうしてもブローしたい場合は圧を弱めて
燃料の流れる方向とは逆に向けてブローしてください。
燃料ラインや負圧側にエアーブローをすると
ダイアフラム不良になる場合があります。

また、負圧コックは分解してメンテナンスをする構造では無いため
不調の場合はアセンブリー交換になります。

新品交換時によくある漏れのトラブルですが
これはダイアフラムの不良では無く
タンク挿入部分のOリングが曲がって押し込まれている事が多いです。

Oリング用シリコングリスを微量程度塗布してから装着してください。