冬季マラソン大会2018

日本海側の大雪で色々と大変なご様子。引き続きお気をつけください。

こちらも北側の雪がいつまでも残っており今年は本当に寒いです。
寒い日には元気になる自動車イベントを暖かい部屋で眺めつつ、
仕事しつつ、リラックスしております・・。

どうぞ素敵な休日&旗日をお過ごしください。

以下機械翻訳
Winter Marathon Rally 2018 は、1月18-21日、イタリアのドロマイト山脈のマドンナ・ディ・カンピリオで開催されました。今年の信頼性試験に挑戦した110台の歴史的な車の選択は、伝統的な集会で見られる通常の曲線と標高の変化に加えられた雪と氷による独特の課題に直面しました。
冬季マラソン大会の2018年版では、ルート全体で大量の雪が降り、Pordoi Passで-10℃に達する一定の寒さが加わりました。多くの驚きがありました.410kmの厳しいレースコースには、合計62回の正確なタイムトライアルと9回のドロマイトパスがありました。さらに、今年の冬季の規則性は、2本の足で初めて新しいルートが予定されており、参加者からの優れたフィードバックを促しました。
アルベルト・リボルディとパオロ・サバディーニが作った乗組員は1933年のフィアット508S、1963年のポルシェ356Cクーペ・グイド・バルセラとオムブレッタ・ギドッティ、1937年のフィアット508Cの2017年チャンピオンアルベルトAlivertiとAlberto Maffi。トップ5に入るのは、Lorenzo TurelliとMario Turelliの1937年のLancia Apriliaと1937年のAndrea Luigi BelomettiとDoriano VavassoriのFiat 508 Cのクルーでした。
エマニュエラ・シネリとエリザベッタ・ロゼッリは、1967年のメルセデス・ベンツ250 SLで女子クルーの特別ランクを獲得しました。一方、最も優れた外国人クルーは、1970年のポルシェ914/6でスイスのステファノとスザンナ・ジネシでした。
----------------------------
こんな遊びを想像しながら山に入ると栃木もドロマイト山脈の
マドンナ・ディ・カンピリオになりvespaも356になったような気分に。。。。
なりません・・・。